トップ セミナー・イベントスケジュール 【まもなく参加受付開始】オンラインセミナー:留学カウンセリングに役立つ心理学 ?プランド・ハップンスタンス理論

<? echo $catname; ?>

2024.05.29

【まもなく参加受付開始】オンラインセミナー:留学カウンセリングに役立つ心理学 ?プランド・ハップンスタンス理論

Clip to Evernote    Check  このエントリーをはてなブックマークに追加 

留学カウンセリングに役立つ心理学 プランドハプンスタンス理論.png

心理学の理論には留学カウンセリングに役立つ理論がいくつかあります。その中から今回はプランド・ハップンスタンス理論について、心理学者の留学体験から学びます。運と縁を活用するプランド・ハップンスタンス理論は広く応用できるキャリア論です。

今回、講師としてお話しいただくのは、筑波大学元副学長で、現在は東京成徳大学特任教授の石隈利紀氏です。

石隈氏は学校心理学/異文化間心理学が専門です。英語・数学の塾経営としての成長を願って30歳でアメリカに語学留学、子どもと学校を支援するスクールサイコロジストを目標に学び続け40歳でアラバマ大学博士課程修了、学校心理学のPh.Dを取得されました。

帰国後は筑波大学で学生相談カウンセラー・心理教育発達相談室相談員、教授として長年勤務され、日本初の心理職の国家資格「公認心理師」の誕生にも関わられました。

ご自身の7年間の留学経験や学生の留学支援の経験を事例として、留学カウンセリングに役立つ心理学の理論をお話しいただきます。

《セミナー概要》
・キャリアとは、プランド・ハップンスタンス理論の意義、5つのキーワード(好奇心、持続性、楽天性、柔軟性、冒険心)
・留学前:一冊の本の発見と留学カウンセラーとの出会い(好奇心・冒険心)
・語学学校・短期大学:インターナショナル・スチューデント・アドバイザーと教会の支援
 (楽天性・柔軟性)
・4年制大学:心理学教授と国際学科教授との家族ぐるみの交流(好奇心・柔軟性)
・大学院:アメリカと日本の恩師との出会いと修行(好奇心・持続性)
・帰国:日本デビューと天職のスタート(持続性・柔軟性)
・キャリア支援、留学相談へのメッセージ

■日時
8月22日(木)
17時-18時

■形式
オンライン(Zoom)

■講師
石隈利紀氏(東京成徳大学特任教授、筑波大学名誉教授・元副学長、日本公認心理師協会副会長)

■定員
90人

■参加費
無料

■対象
JACSAC会員
会員以外でもこのテーマに興味のある方にご参加頂けます。

■申込方法
下記のフォームから入力・送信してください。
※近日中に申し込み開始いたします。

■申込締切
2024年8月20日(火)

※定員になり次第締め切りとなります。

※JACSAC主催セミナーには秘匿性の高い内容を含む場合があるため、視聴は当日のみとさせていただき、録画による後日視聴は実施しない方針で運営しております。あらかじめご了承ください。

一覧 ›